日本の家はどうする?

海外移住を考え始めると移住先にばかり目を向きがちですが、ここでは少し日本に目を戻してみましょう。今住んでいる家は持ち家ですか? それとも賃貸? そう。あなたが海外滞在中の日本の家をどうするかも考えておかなくてはいけません。

日本の家はどうする?(続き)

もし今住んでいる家が賃貸なら出国を機に賃貸借契約を解除すればいいだけのことですが、持ち家だと賃貸するのが現実的でしょう。

賃貸として家を貸せば毎月一定額が家賃収入として入金されてきますから、毎月確実に振り込まれる家賃収入は年金と合わせて生活費の足しになります。

家賃収入を得られるとしても気になるのは物件の管理でしょう。長年住み続けた愛着のある家ですから管理状態は気になるものです。

海外移住イメージ

賃貸の仲介をお願いすると家賃の振込みから物件管理まで引き受けてくれる不動産会社もあります。

振り込まれる家賃から手数料として数パーセントが天引きされますが、万が一家賃の未収があったとしても責任を持って回収してくれますから安心です。

賃貸として持ち家を貸せば家賃収入がある上、きちんと物件を管理してくれるので安心して日本を離れることができます。

今住んでいる持ち家が海外移住の足かせになることはありませんし、それどころか生活の足しにさえなってくれるのです。


Copyright 海外移住安心マニュアル All rights reserved.