携帯電話はどうしよう?

最近は日本で使っている携帯電話やPHSをそのまま海外に持ち出して、日本と同じ電話番号で使うことができる国際ローミングサービスが当たり前の機能になりつつあります。

携帯電話はどうしよう?(続き)

今まで使い慣れた携帯電話やPHSを海外でもそのまま使えるこのサービスはとても便利と、短期渡航のビジネスマンや海外旅行客を中心に人気です。では海外移住をする場合ではどうなのでしょうか。

日本の携帯電話を国際ローミングサービスによって使う場合、一つ大きな落とし穴があります。

それは海外の滞在先からあなたの携帯電話に電話をする場合、一度日本に国際電話をかけて、それがあなたの携帯電話に転送されてくるという段階を踏みます。

海外移住イメージ

つまり同じ国の同じ街の、さらには同じ建物にいたとしても、あなたの携帯電話が日本の携帯電話の国際ローミングサービスで使っていれば、あなたに電話をかける相手は常に国際電話をかけなくてはいけないのです。

また携帯電話のメールやインターネットサービスにおいては日本よりも1パケットあたりの通信料はかなり高額です。短期の海外旅行ならそれでもいいのですが、長期にわたる海外移住ではそうはいかないでしょう。

携帯電話を移住先で使うつもりであれば、やはり移住先で購入し契約するのが無難です。国によっては日本の携帯電話会社の現地法人が現地の携帯電話会社と特別な契約をして、日本人向けの携帯電話端末を販売していることもあります。

PHSに関しては、現地の携帯電話用の番号を別に発行してくれるため、日本で使っている電話機を現地の携帯電話としてそのまま利用することができる機種も発売されています。

この場合、移住先の通話は国際通話として処理されるので現地でも気軽に利用できますが、PHSは携帯電話の国際ローミングサービスに比べ、対応している国が少ないのが残念なところです。

国際ローミングサービスについて、詳しくは今お使いの携帯電話・PHS各社のお客様センターに問い合わせみてください。


Copyright 海外移住安心マニュアル All rights reserved.